外壁塗装のアレコレ教えます

外壁塗装の情報はここから!

外壁塗装を長期間不要にする塗装とはどのようなものか

外壁塗装を長期間不要にする塗装とはどのようなものか 戸建住宅などの建物は、定期的な外壁塗装が必要です。
理由は風雨や太陽光の紫外線からのダメージを受けないようにすることで、これを怠ると外壁は速やかに傷んでしまいます。
近年ではメンテナンスフリーと呼ばれる外壁が注目を浴びていますが、確かに外壁塗装が不要なものがあれば住宅にかかるメンテナンス費用が抑えられますので、初期投資がかかったとしても後々ではコスト面で有利になります。
ではメンテナンスフリーの外壁とはどのようなものでしょうか。
戸建住宅には、外壁や屋根の大掛かりな修理が必ず必要になります。
10~15年で必要と言われていますが、この期間を延ばすことができる素材や工法のことを住宅業界でメンテナンスフリーと呼んでいるのです。
つまり従来のものより耐久性の優れた外壁のことを指しています。
耐久性の高い外壁素材はタイルが挙げられますが、サイディング・モルタル塗りの外壁でも高耐久性の塗料や外壁の自浄効果がある光触媒塗装と組み合わせることによって、それに近い性能にすることが可能です。
モルタルやサイディングの仕上げとして使われる塗料には、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系などがありますが、中でも光触媒塗料は、外壁に付着した汚れを太陽光によって分解し、雨水によって洗浄する機能を持っています。
更に光触媒塗料は建物周辺の空気を浄化、臭気を分解、遮熱効果も持ち合わせていますので、メンテナンスを不要にする外壁塗装の代表的なものと言っていいと考えます。

外壁塗装にはラジカルなどのいろいろな種類があります

外壁塗装にはラジカルなどのいろいろな種類があります 外壁塗装にはいろいろな種類があります。
例えばウレタン塗料は耐久年数が7~10年で、柔らかい性質があり万能塗料です。
細部塗装に適していますが、外壁塗装として使用する場合は耐久年数がやや劣ります。
昔ながらの業者は今も使用していますが、最近ではあまり使われていません。
アクリル塗料は耐久年数が6~8年で、約30年以上前にリリースされた塗料です。
当時ひび割れなどの劣化に対応して画期的でしたが、汚れやすいということもあげられます。
シリコン塗料は耐久年数が12~15年で、耐久性や価格の安定性から人気があります。
シリコンを含有していて汚れにくく、高い性能を発揮することが可能です。
ラジカル塗料は耐久年数が14~16年で、これまでの塗料にはなかった高緻密無機シールド層によってUVや酸素・水による塗膜劣化などを予防することができます。
フッソ塗料は耐久年数が15~20年で、価格が高いですが一般住宅に利用すると豪華な質感である印象を与えることができます。
耐久性が良いので住宅を長期間美しい状態で維持することが可能です。
このように外壁塗装にはいろいろな種類があるので、自分の希望やニーズ・予算などに応じて選択することができます。

外壁塗装の際には優良業者を見つけることが大切です

外壁塗装を施す際には優良業者を見つけることが大切です。老朽化して来た外壁を新築同様に改善出来るリフォームを施すにも、依頼する業者によって塗装に掛かる料金は大きく変わってもいくものです。
外壁塗装を施す業者の多くは訪問販売の形式で営業を行っていますが、自宅を訪ねて来る営業マンのセールストークに迷うこと無く、自分なりのイメージに応じた外壁塗装を施していくことが大切になります。最近は外壁塗装に関する比較サイトも多くなり、数多くの優良業者の紹介も行われるようになっています。外壁の塗装自体は頻繁に実施するものでもありませんから、利用者の口コミや評判を参考にしながら適切な施工会社を選んでいきましょう。外壁の老朽化を改善することで美観だけでは無く、害虫の侵入を防いだり、高い省エネ効果を実現することも出来るようになっていきます。殆どの施工会社では無料で見積もりを実施してもいます。気に入った施工会社を見つけた場合には気軽に見積もりを依頼しましょう。

外壁塗装は安いだけでは選ばない!比較すべきポイント

安い外壁塗装だからと安易に選んでしまうのは良くありません。十分に比較をした上で判断することも必要ですが、ひとつは塗料に品質の良い物が使用されているかどうかです。
安価にするために低コストの塗料が選択されていることもあり、品質の低い物ですと耐久性が良くありません。すぐにダメになるようでは、短いスパンで外壁塗装をしなければならず、逆に高く付いてしまうこともあります。3度塗りをする見積かどうかも大切です。下塗り中塗り上塗りのセットが基本ですが、コスト削減のために中塗りを省くような悪質業者も存在します。作業内容が曖昧になっている場合は、しっかりと確認をした方が良いでしょう。保証の有無も大事な比較ポイントです。高品質の仕事をしてくれるところは作業に自信をもっていますので、保証もしっかりとしていることが多いです。かたや保証がないところは何かあった時にも不安ですし、すぐに剥がれるなどした際にも無料対応をしてもらえない可能性があります。

外壁塗装は見た目に変化がなくても10年程度を目安に塗り替える

外壁塗装というのは、建物を守るために重要な役割を持っているので、見た目に変化がなくても10年程度を目安に塗り替えるようにしましょう。
見た目は特に変わっていなくても、保護する性能は確実に劣化をしているため、そのまま放っておくと塗装だけでなく建物自体にダメージを受けてしまうことになります。塗装を塗り替えるよりも建物そのものを修繕することになる方が、費用がかかってしまいますから、問題なさそうだからと放置するのは禁物です。 期間の目安としては10年程度が一般的ですが、環境や外壁塗装の種類によってはもっと早く塗装する必要もあるので覚えておく必要があります。
目に見えて塗装が劣化しているのが確認できたときには、たとえ10年経過をしていなくても塗り替えなければなりません。外壁塗装の塗り替えが本当に必要なのかどうか判断つかないときには、専門家にチェックをしてもらうと良いでしょう。建物のメンテナンスに重要な部分だけに、外壁塗装の状態は常に把握しておきたいところです。

外壁塗装をきちんと行うことで紫外線に強くなる

住宅を建てる際には外壁塗装が必要不可欠です。雨や風などを防ぐ効果があるため、塗装が弱ってきたと感じたら定期的にメンテナスをする日打つようがあります。
外壁というのは一度塗装すればずっと使えるというわけではありません。そのままにしておくとどんどん劣化してしまいますし、住宅を守る効果が低下してしまうのです。紫外線には2つの種類がありますが、これらが外壁にダメージを与えます。それによって塗料成分が分離してしまったり、外壁に粉が発生してしまうこともあるのです。放置しておくと見た目が劣化してしまうということはもちろん、外壁自体に大きなダメージが発生し、住宅の寿命にも影響を与えてしまうということです。紫外線は目に見えるものではありませんし、よく分からないという人もいるでしょう。しかし、予防効果のある塗料で外壁塗装を行うことにより、寿命を延ばすことができるのです。見た目も改善できますし、建物も長持ちさせることに繋がります。

外壁塗装で使われる剥離剤とは?どのようなケースで使われる?

外壁塗装では、新たな塗料を塗る前に古い塗膜を剥がさなければなりません。通常、古い塗膜を剥がす作業は、高圧洗浄機やケレン棒など呼ばれる工具を使って行われますが、この作業に剥離剤が使用されるケースがあります。
剥離剤とは、文字通り塗膜を剥がすための薬剤で、リムーバーや軟化剤などと呼ばれることもあります。この薬剤は、全ての外壁塗装で使われるわけではありませんが、施工不良などで再塗装が必要になった場合、前回の塗装からの期間が短い場合などに使用されます。これは、これらのケースでは、高圧洗浄機やケレン棒だけでは古い塗膜を剥がせないためです。
また、この薬剤は木材部の塗り替えの際にも使われます。木材は、周辺の湿度に応じて膨張・収縮する性質があるため、木材部への塗装には表面で硬化するタイプの塗料ではなく、内部へと浸透するタイプの塗料を使う必要があります。しかし、木材内部へと浸透する塗料は高圧洗浄機などでは落とせないため、木材に適した薬剤が使われます。

もっと外壁塗装の情報を探すなら

外壁塗装のおすすめ